鉄のフライパンのススメ



skillet

鉄のフライパン は焦がしたりサビつかせたりと扱いが難しそう。
でもフッ素加工のものでは味わえないパリッとした焼き上がりは捨てがたい魅力!
いつか使いこないしたい、と思っている人も多いのでは?

本来、フライパンとは炒めるための鍋ではなく、焼くための鍋。
重みと厚さが、素材の旨みを引き出す働きがあるのです。

ここでは鉄のフライパンをうまく使うためのコツとおすすめフライパンをご紹介します。

初めて使用する前の準備を怠らない!

 

鉄のフライパンをなかなか使えない一番の理由がこれでしょう。
でも、やってみると案外簡単。
この準備さえクリアできればあとはじっくり育てていくだけ!
楽しみながらやってみましょう。

「油ならし」を行うことで、フライパンに油が馴染み、フライパン表面に油の膜が作られます。これにより、こげつきにくく、サビつきにくいフライパンになります。

※ 製品によっても若干方法が異なるので、使用説明書などをじっくり読み込んでから行いましょう。

使用後もきちんとケアをする!

 

フライパンがまだ温かいうちに、タワシやササラで洗剤を使わずにお湯で洗います。
洗剤を使うとせっかくついた油膜を落とすことになるため、洗剤は避けましょう。

水気を完全に飛ばし、冷ましてから収納します。サビ予防のため、フライパンの内・外側を、油を染み込ませたキッチンペーパーなどで薄く塗っておくと良いでしょう。

鉄製のフライパンは、使い込んでいくうちに自然と黒くなっていきます。これは油がフライパンに馴染んだ証拠。こげつきにくく料理もし易くなります。

鉄のフライパンのお手入れ

 

鉄のフライパンのここがすごい!

【焼きに最適】 熱の持ちがいいから、パリッと美味しく焼ける。
【鉄分】 健康に必要な鉄分を自然と取ることができる。
【丈夫】 キズがつきにくいから、フライ返しなどの調理器具を選ばない。
【強火でOK】 熱に強いから、強火でしっかり火が通る。
【ロングライフ】 使い込むほど油がなじんで黒味が増し、少量の油でも焦げ付くことなく調理できる。手入れ次第でよみがえり、長く使える。

フッ素加工のフライパンは言うなれば消耗品。
使い続けていくうちに焦げ付きが気になり、買い替えなければいけなくなります。
鉄のフライパンなら、ずっと使い続けることができるので、上手に使えば「人生の相棒」として長く付き合えるのが魅力なのです。

 

鉄のフライパンの呼び方

  1. 鋳鉄製とはどういう意味ですか?
    鋳型に溶かした鉄(金属)を流し込んで物を作る方法が鋳造です。
  2. スキレットとはどう違うの?
    スキレット(skillet)とは、鋳鉄製の厚手のフライパン、いう意味です。
    (イギリスでは「足付きのシチュー鍋」という意味でも使われます。)
    通常の鉄のフライパンに比べて、厚みがあり重たいのが特徴。
    重さのため、あおるような炒めものには向かないものの、真価を発揮するのは「焼き」料理。
    保温性が高いので、ステーキや、ハンバーグなど、最初に焼き目を付けてから、じっくりと火を通すような調理はスキレットが最適です。
  3. 南部鉄器って何? 手入れの仕方も違うの?
    南部鉄器とは、盛岡市(旧南部藩主の城下町)を中心とした地域で生産されてきた「鋳造の鉄器」のことです。
    初めて使用するときや使用後の手入れは基本的には通常の鉄製品と同じです。

 

No.1 いちおし! ターク【turk】のフライパン

 

100年使える鉄のフライパン

ヨーロッパでは孫にまで受け継ぐことのできるフライパンとして知られているドイツturk(ターク)社のフライパン。
鉄のクラシックフライパンは、150年もの間、変わらぬ製法が頑なに守られています。
数少ない熟練の職人が、鉄の塊を高温で熱し、何度も何度も繰り返しハンマーで打ちつけることでフライパンの形に成型していきます。
年間を通して生産できる台数には限りがあるため、大変希少性の高いフライパンなのです。
このクラシックなデザインが、武骨な中にもクールさを漂わせ、味わい深い魅力となっています。まさにキッチンに風格をあたえてくれる逸品です。

おすすめPOINT

一枚の鉄板からできているから一切継ぎ目が無いのがカッコいい! 先端は曲げてあるから掛けて収納できます。
手づくりの味わい深さと見た目のカッコよさが共存しているところも大きな魅力。

ブランド特集ページへ ⇒ turk / ターク

 

No.2 柳宗理【Sori Yanagi】の鉄のフライパン

 

 

考え抜かれたシンプルデザイン

世界的に有名なプロダクトデザイナー、柳宗理が作った鉄フライパン。使いやすく機能的で丈夫な柳宗理の鍋フライパンは根強い人気を誇っています。

専用のふたは回転させると鍋との間にすき間ができるようになっていて、湯切りや油切りが簡単にできます。
ハンドルは炎との距離を計算した長さで、しっかりと握りやすい。
デザイン性に優れているだけでなく、実用性を兼ね備えたフライパンです。

おすすめPOINT

耐久性にすぐれ、使うほど油なじみも良くなるため、長く使えるフライパンをお探しの方におすすめです。

さび止め塗装に透明シリコン塗装を採用し、焼きこみが不要に!
直火からIH200Vまで、幅広い熱源に対応。

ブランド特集ページへ ⇒ Sori Yanagi / 柳宗理

 

まだまだあります! 柳宗理のフライパン

柳宗理 南部鉄器 オイルパン 22cm (鉄蓋・ハンドル付き)

 

厚い鉄鋳物(南部鉄器)なので、ふんわりとした熱が食材にいきわたり、不足しがちな鉄分補給にも役立ちます。

 

柳宗理 鉄器ミニパン 16cm 蓋なし

厚みが特徴の南部鉄器のミニパン。
優しい熱が全体に早く行き渡り、美味しい料理ができます。
このまま食卓へのせてもいいルックスが〇!

 

No.3 憧れのプロ仕様! デバイヤー【de Buyer】の鉄フライパン

 

 

フランス最大の調理器具メーカー

1830年に創業したフランスの老舗・調理器具メーカー。
熟練職人がその多くの工程を手作業で確認するという職人気質が受け継がれています。
長年にわたり高品質な商品を製造し続け、世界中の一流シェフたちから厚い信頼を集めています。

焼きこみ使い込むうちに、濃い色へと変化していきますが、鉄そのものが持つ性もあがっていき、長く使える一生もののフライパンへと育っていきます。
IH対応なのもうれしい。

おすすめPOINT

耐久性にすぐれ、使うほど油なじみも良くなるため、長く使えるフライパンをお探しの方におすすめです。
肉を焼くのにかなりおすすめ!
本当に美味しく焼けます。
厚みがかなりあるので重いですが、その分安定感があります。
熱を伝えにくいチュウブタイプハンドルだから使いやすい。

まだまだあります! おすすめの鉄のフライパン

リバーライト 極ROOTS フライパン 28cm



この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!
よろしければ応援のクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ