料理に合った塩を選ぼう!


自分だけのお気に入りの塩を見つけよう

よい塩とは、味付けだけでなく、素材の味を引き出してくれる優秀なアシスタント
塩選びのコツは食材や料理によって使い分けること。
料理別のおすすめの塩をご紹介します!

料理別のおすすめの塩をご紹介

以前は、肉など陸上の食材には岩塩、魚など水中の食材には海塩と言われてました。

確かに岩塩は海塩に比べれば塩分が強くないので、食材の旨みを引き出す役目がメイン。
反対に海塩はインパクトのある塩味で、食材の味を引き立ててくれます。

ただ、これは一応の目安にすぎません。
塩によって含まれるミネラルや塩分濃度は違います。
純粋に食材との相性で塩選びを楽しむことが、料理の楽しさにつながります。

肉料理に合う塩

ゲランドの塩「海の果実」

ゲランドの 塩は、フランス国内をはじめ、世界中の料理人たちがこぞって使う「プロ仕様」の塩
素材が持つ本当のおいしさを引き出し、初めて味わう人はその違いにビックリ!
口に入れた瞬間、これまでの塩との違いをはっきりと思い知ることができます。

ゲランドの塩は、太陽光と風だけで結晶化していく自然のありのままの風味を残した塩。
Fleur de Mer(フルール・ド・メール)と呼ばれる一番塩は、現地では希少な塩として有名です。
塩田の終点「オイエ」と呼ばれる採塩池で、濃くなった海水にふわりと最初に浮かぶ「塩の花」。
それを丁寧にすくいとっています。

塩自体にうまみがありながら、素材の味を際立 たせる独特の塩です。
肉料理はもちろん絶品の仕上がりにしてくれます。
サラダや、てんぷらなどに降りかけて、またつけ塩にしてもよく合います。

ヒマラヤ岩塩

ヒマラヤ山脈北西部のカシミール地方で自然結晶した ヒマラヤ岩塩
現代人に不足しがちな天然ミネラルが豊富に含まれている、アルカリ性の栄養素が高い天然岩塩です。

ピンク色をしているのは、含まれるミネラルが海の塩よりも多くそれが天然のままに色に現れたから。
甘みとまろやかさのバランスがいいので、肉料理との相性は抜群です!
マイルドなのでゲランドよりは優しい味わい。

アルペンザルツ

ドイツアルプスで2億5000万年もの時をかけて形成された、天然の岩塩層から採取された岩塩。
まろやかでサラサラしており、肉料理におすすめな塩です。
湿気に強いので時間がたっても固まったりせずさらさらしたまま!
マイルドでコクのある味わいが特徴で、お肉だけでなく、チーズとの相性も抜群。

野菜料理に合う塩

カマルグ ペルルドセル

フランス土産でもらってその美味しさにはまる人も多い カマルグ の塩。
ぺルルドセルは、カマルグの中では最高品質。

カマルグの塩は、地中海の海水を塩田に引き、はじめに塩田の水面に現れた結晶を伝統に習って手作業で採取したもの。

フランス土産としても有名でお手頃な価格も嬉しい。
わずかな甘みが野菜の味を引き立てるから、料理の仕上げにふりかけて味のアクセントに。

イタリアンロックソルト(岩塩)

イタリア・シシリー島の山脈から採掘した粗い粒の岩塩 イタリアンロックソルト
約5億~200万年という長い年月をかけ自然の力で結晶化された岩塩は、ものすごく純度が高い!
そのためミネラルが豊富に含まれていて、旨味たっぷりです。

味はとてもまろやかで、甘みすら感じる優しい塩の味。
サラダに岩塩をがりがりとふりかけて、レモンをギュッとしぼってドレッシングがわりにしたら最高においしい!

沖縄の海水塩 青い海

味覚のバランスがよく、どんな料理にも合うオールマイティな 沖縄の海水塩 青い海
沖縄・糸満沖合約200mから取水した海水だけで造った自然塩です。
平釜で煮詰めて造りあげた味わい深い塩。
ミネラルの多い葉野菜の炒めものなどにぴったり!

魚料理に合う塩

粟国の塩 天日塩

ちょっと高価な塩といえば、沖縄の 粟国の塩
天日塩は希少性の高い塩となっています。
美しい珊瑚礁の海からくみ上げた海水を濃縮して作るミネラルが多いお塩です。

雪塩

海水のミネラルをほとんどそのまま残した 雪塩
特許製法によりにがり特有の苦みを感じない仕上がり。
きめ細かいパウダー状の塩だから、素材の隅々までしっかりといきわたります。

白身魚やお刺身との相性抜群!
まろやかで優しい塩味で、素材のうまみを邪魔しません。

エスプリ・デュ・セル フルール・ド・セル

“塩田のキャビア”と称されており、生産量も少ない稀少な塩です。
フルール・ド・セル(塩の花)は、フランス大西洋岸R島の「太陽」と「風」の組み合わせにより、日暮れ時に水面に現れる塩の結晶。
粗くポリポリとしており、素材に力強さを加えます。

気になる塩はありましたか?

塩は人間が生きていくために必要なもの。
あなたが美味しいと感じる塩とは、あなたのカラダが求めている塩のチカラなのかもしれません。

お気に入りの塩さえあれば、調味料は塩だけでもバッチリ味が決まります。
海外のものも国産のものもどんどんチャレンジして、あなただけのベストな塩を見つけてくださいね!

 

Pick Up おすすめの

プジョー 白木ソルトミル

車でおなじみプジョーのソルトミル。
挽かれた粒の香り、細かさ、挽きやすさはまさに、プジョーミルの代名詞です。

HASAMI トイグラタン キャニスター

カラフルなキャニスターならキッチンに出しておける!

ウェック モールド モールドシェイプ

何種類かの塩を揃えて並べておこう。
料理によって使い分けたりして、たのしみが広がります。

カラダとココロが喜ぶ塩選び&ごちそう塩レシピ

大切なのは“塩の質”。
精製塩と自然塩は違います。
カラダにいい能登の海塩を使った人気店のレシピ満載!



この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!
よろしければ応援のクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ