PYREX(パイレックス)フラッシュパンならプロ並みの返しができる!



パイレックス フラッシュパン

まるでプロのような「あおり」ができるフライパン!

チャーハン

男なら一度は必ず憧れるフライパンをかっこよく煽る(あおる)姿!

パラパラのチャーハンを作りたくてフライパンを振ったら、豪快に中身が飛び出してしまった・・・
そんな経験ありませんか?

「今ちょうどその段階ですけど、何か?(。-`ω-)」

まあまあ落ち着いて(笑)
そんな人にぴったりのフライパンがありますよ!

PYREX パイレックス フラッシュパン

フラッシュパン

炒め物やチャーハンを作っていると、フライパンから中身が飛び出した!
中身は少なくなるし、キッチンも汚れるし、後片付けも大変で、結構へこみます。

そんなときおすすめなのが、この PYREX パイレックス フラッシュパン

フライパンの文化を変えるユニークな形

フラッシュパン 7℃
通常のフライパインに比べて フチが高く設計されたデザイン

そのおかげで、外側に料理の材料が飛び出しにくいんです!

手になじむグリップだから、まるでシェフのように軽やかに火の上でフライパンを振ることもカンタン!

7℃ の傾きがポイント

パスタハンドルグリップから遠ざかるにつれて底が深くなる、Flash Pan(フラッシュパン)独特のデザイン!

7℃ の傾き が活躍するのは、フライパンを振る時だけじゃありません。

高くなったフチを活かして、いろいろな使い方ができるんです。

少しだけフラッシュパンを傾ければ、鍋のように素材を煮込んだり、パスタをソースと絡めたり。
これひとつでちょっと煮込む・混ぜる調理がラクラク!

少量の油で揚げ物もできるからいろいろ使いまわせますよ。

快適な調理をサポートしてくれるフッ素樹脂加工

flashpan

高温のままスピーディーに炒めたり、ソースと絡めたりすることは、素材の味を生かすための基本技。

Flash Pan(フラッシュパン)は 熱伝導・耐久性に優れた3層構造のアルミ合金 で、素早い調理をサポートしてくれます。

さらに、素材は信頼度の高い フッ素樹脂加工 

焦げ付きの心配もなく、油なども控えめに調理できるフライパンです。

手入れもラクラク

FlashPan焦げ付かず、後片付けがラクラクなのがフッ素樹脂加工フライパンの良さ。

ガス、電気ヒーター、ハロゲンヒーター、セラミックヒーターなどのあらゆる熱源に対応しています。(IHは非対応)

さらに食器洗い機も使えるので、毎日のお手入れがカンタンなのも嬉しい!

気になる人はこちらをチェック!

Flash Pan(パイレックス)フラッシュパン26cm グリーン

色はパープルブラックも人気です。
 

Pick Up こちらもおすすめ

NEWベルフィーナ アオーレパン26cm

先端が三角形になったフライパン。
ユニークな形のおかげで、フライパンをあおった時に食材を先端に向かって集めるのでこぼれにくい。

OXO シリコンターナー(ブラックセサミ)

日本向けに開発されたOXO(オクソー)のターナー。
ステンレスの上に薄くシリコンでカバーしているから弾力があって使いやすい!
シリコンヘッドは耐熱温度が高くい(280℃)、フッ素樹脂加工のフライパンを傷つける心配もなし。

OXO シリコンターナー(ブラックセサミ)

調理から盛り付けまで、まるで手のようにこないしてくれる優秀なトング。
ナイロン製のヘッドでフッ素加工の鍋やフライパンも傷つけにくく、耐熱温度は約200℃。
フック用の先端にある丸い部分を押すとトングが開き、引くと閉じてロックされるので収納にも便利です。

北陸アルミ S-ALマイスター フライパン 24cm

パスタやイタリアンに最適なプロ仕様のアルミフライパン。
フラッシュパンを使ってかっこよくフライパンを振ることになれたら、こんなアルミのフライパンにも挑戦してみよう!


photo by: 海鮮炒飯 / nipotan



この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!
よろしければ応援のクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ