鉄のフライパンのお手入れ


「鉄のフライパンは水で洗い、洗剤は使わない」と言われます。
でも汚れがひどいときはやはり洗剤で洗いたくなるもの。
しっかりと使い込み、丁寧にお手入れされたフライパンは、表面にできた油脂の膜がガードしてくれます。
そこで大切なのは基本を押さえたお手入れだと言えます。

お手入れの手順

STEP1.洗う

使用後はなるべく早くお湯とたわし、ささらのみで洗う。なければ柔らかいスポンジで。
汚れがひどく洗剤を使用する場合は、中性洗剤を使う。
酸性の洗剤や塩化物を含んだ溶液などはさびの原因になる。この時、洗浄してよく乾燥させたあと全体に薄く油を塗ってから保存すること。
※「ささら」束になった竹の半分程度を持ち手として半分程度を洗浄面に押しつけて使用する道具。

arrow1

STEP2.拭き取る

水に濡れたままでの長時間の放置は、出来る限り避け、柔らかいクロスやキッチンペーパーなどで丁寧に拭き取る。

arrow1

STEP3.乾かす

火にかけ、軽く空焚きをする。
火から離して遠火でもよい。
このあと急激に冷ますと変形の原因になるので、自然に冷ます。

arrow1

STEP4.油を塗る

キッチンペーパーなどでフライパンの両面に油を丁寧になじませる。
(使用時、外側の油が燃えることはない。逆に塗っておかないと、そこからサビが発生する可能性がある。)
特に注意が必要なのは使い始めて間もない頃(5から10回位まで)で、まだ表面の油が良くなじんでいないので、洗浄したときは必ず油を塗って保管する。

 

鉄のフライパンのお手入れQ&A

  1. 初めて使用する時のお手入れ方法は?
    サビ止めの塗装を取り除くための焼きこみを行う。焼きこみとは、鉄製フライパンを空焚きすることで、表面の塗装を気化して取り除くこと。十分さました後、水または洗剤で洗う。水分を乾燥させた後、フライパンの内側、外側とも油を薄く塗っておけば準備OK。
  2. お手入れの必要がない鉄製フライパンもある?
    鉄製フライパンもさまざまな製品があり、食品衛生基準に適合した皮膜を採用したものもある。その場合は通常の焼きこみは必要ない。必ずそれぞれのフライパンの使用説明書を読むこと。
  3. フライパンがサビてしまったら?
    まず、サビた部分を食器用クレンザーを使い、金属タワシなどでよく磨く。水洗いした後、よく乾かす。最後に必ずフライパンの内側に油を塗って熱し、油をしみ込ませる。
  4. フライパンが焦げ付いてしまったら?
    【普通の焦げ付きの場合】
    フライパンの中にお湯を入れて火にかけ、しばらく煮立たせると、焦げかすがふやけて焦げが落としやすくなる。
    【ひどい焦げ付きの場合】
    普通の焦げつきの場合と同様に、お湯で焦げつきをふやかし、焦げがパリパリに乾いたらはがす。焦げついた部分が完全になくなるまで繰り返すと、フライパンを傷めずに焦げをきれいに取ることができる。
  5. 鉄製フライパンの魅力とは?
    鉄製のフライパンのいいところは強火で調理できること。
    (フッ素樹脂加工のフライパンでは強火厳禁) 強火での炒め物の仕上がりは文字通り一味違うもの。
    フッ素樹脂加工のフライパンは、金属へらなどでキズがつくと、表面を覆っている塗膜がはがれ落ち、使用できなくなってしまう。
    また使用するにつれ焦げ付きやすくなる。
    鉄製フライパンは、全体に油がなじむと、こびりつきやサビを防ぐ油膜を形成する。正しいお手入れをして使い込めば使い込むほど油がなじみ、長く使用することができる。

 

育てる喜びを感じよう!

鉄のフライパンは確かに扱いが難しいかもしれません。でもそれを楽しんでしまうと、こんなに愛着のわくキッチングッズもありません。なにより料理が断然おいしくなります。

ほんの少しのひと手間をかけることで、自分の道具、自分のフライパンを育て、使いこなす楽しみが生まれます。そんな愛着を持って長く使って頂ける道具に、めぐり合えたら最高ですよね!

おすすめはこちら ⇒ 【 Goods 】 フライパンの選び方

 
 

Pick Up おすすめはこちら

デバイヤー IH対応鉄クールハンドルフライパン

ダンチュウ 鉄フライパン

イワチュウ 岩鋳 南部鉄器フライパン

山田工業所 打出片手中華鍋

Turk(ターク) クラシックシリーズ



この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!
よろしければ応援のクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ