GLOBAL / グローバル


GLOBAL / グローバル とは?

GLOBAL A 2点セット(牛刀、スピードシャープナー)洗練されたデザインについ海外ブランド化と間違えられますが、「グローバル」はれっきとした日本製の包丁ブランド。
作り出したのは、吉田金属工業 (YOSHIKIN)。

1896(昭和29)年、吉田金属工業株式会社は新潟県燕・三条地区の地場産業である洋食器メーカーとして創業しました。

世界に先駆けて、刀身から柄まで全てステンレス製の一体構造包丁(オールステンレス一体構造包丁)の包丁「GLOBAL」を製造・発売したのが1983年。
以来、そのアイディアと切れ味は世界各国で大きな注目を集め、多くのシェフがGLOBALを愛用しているのです。

近年は様々なイベントにスポンサーとして参加し、世界のシェフとの交流を深めながら、特に若手シェフの育成に貢献しています。

1960年代から大幅に設備投資を増大し、生産管理技術、品質管理技術にと万全の体制を敷いています。
また、本社工場は産業廃棄物や排水処理施設の充実に努め、地域の環境保全に万全の対策を講じており、その企業姿勢は高く評価されています。

Designer 山田 耕民

山田耕民1947年東京都生まれ。
工業意匠科を経て、意匠科助手として千葉大学に入職。
デザインコンセプト、モデリングなどを学ぶ。
日本を代表するプロダクトデザイナーであり、数々の賞を受賞。

「人間が愛着をもてるあたたかいものづくりを追求することが大切」と語るように、どこかスカンジナビアと日本特有の和を感じさせるデザインが特徴。

GLOBALのデザインなどで世界的に評価され、野田琺瑯の鍋や月兎ポット、ローゼンダールナイフなど数々のロングラン商品のデザインを手がけました。

日本初のローゼンダールデンマークとのコラボレーションも果たし、ニューヨーク近代美術館MoMA、富山県立近代美術館などに作品が収蔵されています。

世界に衝撃を与えたデザイン

「イタリアのデザイン、ドイツの堅牢、日本の精密」 この3要素を併せ持つ製品を生み出すこと、それがGLOBALの製品開発の発想でした。

さらにその3要素は、あくまでもそれぞれのトップレベルで融合しなくてはならないという命題のもと、1978年にデザインと技術の2つの分野で開発が始まりました。

創業以来、洋食器製造を通じて培ってきた数々のノウハウとアイデアをもつメーカーYOSHIKINは、素材美(個々の素材が潜在的に合わせ持つ色彩美や造形美)を活かすことこそデザインの極致という結論に至り、異素材を介在させない「刀から柄までオールステンレス一体構造の包丁」というコンセプトのもと、GLOBAL包丁を世に送り出したのです。

フィット感抜群のハンドル

GLOBAL A 2点セット(牛刀、スピードシャープナー)持ち易さを考慮した柄の形状と滑り止めのドット(凹凸加工)により、フィット感が抜群です。

一体構造だから水による侵食がなく、柄が腐り抜け落ちる心配がありません。刀身と柄の一体構造で雑菌がつきにくく、衛生的です。

No.1 GLOBAL 牛刀 刃渡り20cm G-2


GLOBALシリーズのロングセラー。
世界中のシェフに広く愛用されている牛刀G-2。
牛刀とはその名のとおり、本来はブロック肉を切り分けていくのに便利な包丁ですが、肉以外にも魚の切り身の切り分けや、野菜を切る時も使えます。

刃渡り20cmという大きさは女性には少し大き目かもしれませんが、家庭用の包丁では物足りないという人や男性には使いやすい大きさではないでしょうか。

人気の秘密は、この大きさと重さが「切る」という作業をサポートしてくれるから。
包丁自体の重みで、切るという動作をサポートしてくれるから、疲れることなく料理を楽しむことが出来ます。
利き手を選ばない 両刃なので右利きの方も左利きの方も使えます。

GLOBAL 牛刀 刃渡り20cm G-2

No.2 GLOBAL 文化 刃渡り18cm G-4

スタイリッシュさで人気の文化包丁。
菜切包丁と牛刀の形状の良い所を併せ持つ包丁といえるでしょう。

牛刀同様、肉、魚、野菜と多用途に使えますが、特徴としては先端が鋭くなっている点。

この部分を使えば、細かい切り込みを入れるなどの作業が楽にできます。

GLOBAL 文化 刃渡り18cm G-4

No.3 GLOBAL ペティーナイフ 刃渡り13cm GS-3

このペティナイフ、料理家にも愛用者がすごく多いんです。
これ1本で大抵のことは出来る、という人もいるほど。

包丁を買うとき、つい大き目のものを選んでしまいがちですが、そんな人ほど使ってほしいナイフです。

小回りがきくナイフだから、鍋の上で材料を切ってそのまま投入なんていうことも自由自在です。
イタリアではまな板は使わずペティナイフで切るのが主流とか。

グローバルのペティナイフが人気なのは刃渡りが十分ある点と切れ味のよさ。
スモールナイフでありながら、これ一本で十分な機能を備えているのです。

GLOBAL ペティーナイフ 刃渡り13cm GS-3

よくある質問Q&A

  1. G-2(牛刀)、G-55(牛刀)、G-4(文化)とG-46(三徳)ではどれがおすすめですか?
    G-2、G-55(牛刀)は、他の2本に比べてブレード(刃)の形状が細長くなっています。
    それに比べ、G-4(文化)はブレードに幅があり、比較的大きめの食材に適しています。
    G-46(三徳)は、よりブレードの幅が均等な為、千切りやみじん切り等、まな板上での作業に最適です。いずれも万能包丁として機能性にも優れ、使い易い包丁ですので、お好みに応じてお選びください。

 

こちらもおすすめ GLOBAL のラインナップ!

GLOBAL 三徳 刃渡り18cm G-46

日本の家庭で最も親しまれている三徳包丁。
その名のとおり「いろんな包丁のいいとこどり」の包丁。
海外でも広く知られ、愛用者も多い。

GLOBAL B 3点セット(G-2牛刀 GS-3ぺティナイフ スピードナイフシャープナー)

超おすすめの3点セット。
ギフトボックス入りなので、プレゼントにも最適です。

GLOBAL パン切り 刃渡り22cm G-9

パンを切る動きに合わせて刃がデザインされています。

GLOBAL チーズナイフ 刃渡り14cm GS-10

チーズが刃にくっつかないようにデザインされています。

GLOBAL コンパクトナイフスタンドGKS-02

GLOBAL カッティングボード

国産ヒノキを使用した、日本国内限定販売のまな板です。
グローバル包丁の特徴でもあるドットパターンのステンレス脚部は、回転させることで、まな板を自立させることができます。



この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!
よろしければ応援のクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ